変化する求人

現在、フリーターの数は約180万人、25歳から34歳の若者の完全失業率は5.5%と非常に厳しい状態にあります。そんな若者達は、自身にあった求人をハローワークや求人サイトなどで日々求めているのです。そもそも求人とは何かというと、企業などが労働力となる人を収集するために行う告知などの誘因行為のことをいいます。求職者は、この求人を見て応募し、採用試験や面接を受ける流れとなります。しかし、企業側で常に求人情報を掲載していたりするものです。

なぜ、長く求人を掲載しているのかというとより多くの求職者に応募してもらい、より良い人材を見つけるための手段です。現在の求人では、年齢制限を設けることは禁止されています。その背景には、年齢制限を設けて募集・採用を行ってしまうと高齢者や年長フリーターなどの就職の機会を妨げてしまうからです。

このような背景から見ると、若者だけが職を求めているのではなく、年配の方々にも求職者が増加していることが分かります。この年齢制限が禁止されることにより、高齢者の方々も選考を受けることができるようになったのです。しかし、年齢制限を禁止していても書類選考などで実質的に年齢制限を設けているケースもあり、これからの課題として取り上げられています。現在、求職中の方は選ばなければ何かしらの職に就くことはできると思います。しかし、自身に合う仕事でなければ長続きはできません。数ある求人から自身に合う求人を見つけるには苦労がつきものです。

Copyright © 2014 求人を求めて~求職者編~ All Rights Reserved.